ワキガ 遺伝

ワキガの遺伝

ワキガの遺伝

日本人のワキガに対するイメージは決して良いものではありません。
特に日本人は神経質でキレイ好きなので臭いには敏感です。

 

ワキガ体質とされる人の割合は全体の10%程度だと言われています。
このワキガ体質は遺伝によるものです。

 

片親がワキガ体質の場合、その子供に遺伝する割合は50%。
両親がワキガ体質の場合には80%にもなります。

 

何が遺伝するのか具体的に言いますと、
ワキガの大きな原因となる「アポクリン腺」です。

 

このアポクリン腺の量が多いほど、またアポクリン腺が大きいほど、
ワキガ臭が強くなります。

 

アポクリン腺は、脇以外にも、耳、へそ、陰部などに点在していて、
耳垢が湿っていたらワキガだぞ!と言われるのもそのためです。

 

「耳が湿っている=アポクリン腺がある」
という方程式が成り立つ為ですね。

 

ワキガは病気ではありません。
体質によるものです。

 

そのためデオドラント剤を使用するなどして
上手に付き合っていかなければなりません。

 

中には手術を選択する方もいらっしゃいますが、
それなりの副作用もあります。

 

例えば、術後臭です。
術後臭とは、手術によってアポクリン腺を取り除くと、
他の部位に点在しているアポクリン腺からの臭いが強くなってしまい
ワキガ臭の臭いが強くなることです。

 

せっかく脇のアポクリン腺をとっても他のアポクリン腺の
働きが活発になってワキガ臭が強くなってしまっては
本末転倒です。

 

そのため、そういったリスクもしっかり理解した上で
判断しないと後で後悔することになります。

 

先ほどもお伝えしましたが
ワキガは病気ではなく体質です。

 

臭いの強くなる食べ物を控えて、
適度な運動や規則正しい生活をしながら
デオドラント剤を使って上手に付き合っていくほうがいいでしょう。

 

欧米人の人達の実に80%はワキガ体質だと言われています。
彼ら、彼女らにすればワキガ体質はごく当たり前のことであり、
上手に付き合っていることが分かります。

 

黒人にいたってはほぼ100%の方がワキガ体質だそうです。
そう考えると日本人である私たちも見習うところが沢山あるかもしれません。