ワキガ 永久脱毛

徹底検証!ワキガのニオイは永久脱毛で改善?それとも悪化?

最近は気軽に受けることができるサロンが増え、脇の永久脱毛をしている女性が増えています。

 

脇の永久脱毛をするとワキガが治る、または悪化するなどさまざまな意見が寄せられています。

 

そこで今回はワキガと永久脱毛の影響について詳しくご紹介していきます。

 

永久脱毛でワキガの悩みは改善されるのか…
ぜひ参考にして、ワキガ対策に役立てましょう!

 

ワキガと永久脱毛の関係

 

脇毛を永久脱毛するとワキガは改善するのか、それとも悪化するのか…
結論から言うと、脇毛を永久脱毛することでワキガは確実に軽減します。
なぜワキガが軽減するのか、まずはワキガの原因から詳しく見ていきましょう。

 

ワキガというと鼻を刺すようなニオイが特徴的ですが、その原因となっているのがアポクリン腺から分泌される汗です。私たちの身体には、アポクリン腺とエクリン腺という2種類の汗腺が存在し、特に脇には汗腺が集中しています。

 

エクリン腺から分泌される汗の成分は99%以上が水分で、サラッとしています。それに比べアポクリン腺から分泌される汗には、タンパク質・脂質・糖質・アンモニア・色素リポフスチン・鉄分・ピルビン酸など多くの成分が含まれており、ベタついています。

 

エクリン腺とアポクリン腺から分泌される汗自体はどちらも無臭ですが、アポクリン腺から分泌される多くの成分を含んだ汗が、脇の常在菌の栄養になってしまうのです。それにより脇の菌が増殖や分解することで、ワキガ特有のニオイが生じてしまうのです。

 

特にワキガ体質の方はこのアポクリン腺の数が多いことや、活発であることが挙げられます。ワキガのニオイを防ぐためには、この脇に存在する原因菌を抑制し、脇をせ行けるな状態に保っておくことが重要なポイントになります。

 

このワキガの原因とも言えるアポクリン腺から分泌されるベタついた汗は、脇毛に絡みつき、常在菌の温床となってしまうのです。脇毛がない方が脇を清潔に保ちやすく、ワキガの原因菌の働きを抑制し、ワキガ特有のニオイを軽減することができます。

 

また脇毛はフェロモンなどのニオイを遠くに拡散する働きがあるため、ワキガのニオイも一緒に広げてしまうのです。このことからも永久脱毛で脇毛を一掃した方が、ワキガのニオイ改善に効果が期待できるということです。

 

永久脱毛後にワキガが悪化したと感じる原因

 

脇毛を永久脱毛することで、ワキガの改善効果が期待できることはおわかりいただけたと思いますが、実際に脇毛を永久脱毛した方の中には、ワキガのニオイが悪化してしまった…と感じるケースがあります。

 

永久脱毛でワキガのニオイがきつくなる原因としては、永久脱毛の施術により脇の汗腺が刺激され、一時的に感染の働きが活発になったことが考えられます。永久脱毛後は皮膚が不安定になるため、皮膚の状態が落ち着くと同時に汗腺の働きも落ち着いてくるはずです。

 

その他に考えられる原因として、ワキガのニオイを気にするあまり永久脱毛後、更に意識してしまい、精神性発汗の原因になってしまいます。精神性発汗は意識すればするほど、汗の分泌が活発になってしまうので、あまり神経質にならずリラックスすれば改善されます。

 

以上のことからも、脇の永久脱毛後にワキガが悪化することはなく、一時的にニオイが気になることがあっても、皮膚状態が落ち着くことで徐々に軽減していきます。

 

ワキガ改善に永久脱毛がおすすめ!

 

脇毛は、雑菌の繁殖やニオイの吸収・蓄積・拡散とワキガを悪化させてしまう大きな要因の一つと言えます。脇毛があることにより、ワキガのニオイを倍増させている可能性もあるので、ワキガのニオイを軽減させるためにも、永久脱毛はオススメな施術と言えるでしょう。

 

脇毛をなくすならシェービングでも良いように思いますが、永久脱毛で毛根をなくすことにより、雑菌の数を減らすことができ、また毛穴が小さくなるにつれ汗腺から分泌される汗の量も少なくなっていく傾向にあります。

 

 

ワキガの悩みを抱え、永久脱毛を迷っている方は、ぜひ今回ご紹介したことを参考にして、脇毛の永久脱毛にチャレンジしてみましょう!