ワキガ 黄ばみ

ワキガが黄ばみの原因に!?衣類を守るための予防とケア

お気に入りの洋服の脇の部分が黄ばんでいた経験はありませんか?
実はその黄ばみ、ワキガが原因になっているのかもしれません。

 

自分ではなかなか気付けないと言われているワキガは、衣服の黄ばみがきっかけになって初めて気付く方も少なくないのです。

 

そこで今回は、ワキガと洋服の黄ばみの関係や、黄ばみから衣服を守る方法をご紹介していきます。

 

洋服の黄ばみはワキガが原因!?

 

洋服に黄ばみが出ると、ワキガを心配する方も多いのではないでしょうか。
しかし洋服に黄ばみが出るのは、本当にワキガが原因になっているのか、まずは服が黄ばんでしまう理由から詳しく見ていきましょう。

 

脇に限らず首元や背中など、服に黄ばみが出てしまうのは、汗が大きく影響しています。
私たちの身体には、汗を分泌する汗腺が300万~400万個あり、頭・手のひら・背中など汗をかきやすい場所には、汗腺が集中しています。脇も同様に多くの汗腺が存在しています。

 

この汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺という2種類があり、分泌される汗に成分や性質に大きな違いがあります。

 

エクリン腺から分泌される汗は、99%が水分からできており、残りの1%に塩分や微量のカリウムが含まれています。エクリン腺は身体全体に存在し、体温上昇に伴う体温調節のために汗を分泌しています。成分のほとんどが水分なので、サラッとした汗が特徴です。

 

次にアポクリン腺から分泌される汗は、水分以外にタンパク質・脂質・尿素・鉄分など多くの成分が含まれています。エクリン腺と違い、脇の下・耳の後ろ・乳輪・肛門周辺・外陰部など体の一部に存在し、性機能の成長とともに思春期頃から急激に発達していきます。

 

このアポクリン腺から分泌される汗は、精神的な緊張やストレスを感じた時に多く分泌されるようになります。多くの成分を含むアポクリン腺の汗は、ベタベタした粘着性の高い質感で、汗の色が黄色や茶褐色になることがあります。

 

服を黄ばませる原因は、このアポクリン腺から分泌された汗が関係しているところがわかったところで、次にワキガとの関係を見ていきましょう。

 

このエクリン腺とアポクリン腺という2つの汗腺から分泌される汗は、どちらも無臭です。しかしアポクリン腺から分泌する多くの成分を含む汗が、皮膚に常在する菌の栄養となり、雑菌が繁殖・分解し、雑菌の排泄物や死骸などがワキガ特有のニオイを生み出しています。

 

ワキガ体質の方はこのアポクリン腺が多く存在し、働きが活発であることが考えられます。また皮膚の常在菌の種類によってもニオイが変わるため、アポクリン腺の働きが活発であっても、常在菌の種類によってはワキガのニオイが生じない場合もあります。

 

上記のことから、洋服の黄ばみ=ワキガというわけではありませんが、黄ばみが気になる方はアポクリン腺が活発であるということが言えます。菌によってはワキガのニオイを生じる場合があるので、日頃から黄ばみが気になる箇所は清潔に保つようにしておきましょう。

 

汗による洋服の黄ばみを取る方法

 

服の黄ばみは、アポクリン腺から分泌された汗や皮脂が原因になっているので、汚れの種類で言うと油汚れに近いと言えます。漂白剤を混ぜた40℃程度のお湯に、黄ばみの気になる衣類を1~2時間程度浸け置きしておきましょう。

 

特に黄ばみが酷い箇所には漂白剤を直接塗布してから浸け置きすると、よりキレイに黄ばみが取れます。色柄がある衣類は、漂白剤によって色あせや色落ちしてしまうこともあるので十分注意しましょう。

 

また洋服の黄ばみは予防することも大切です。制汗スプレーは、含まれている成分により衣服を黄ばませる原因になることがあるので、過度に使用するのは避けましょう。脇パットやインナーで直接皮膚が衣類に触れないように工夫してみましょう。

 

汗や皮脂をしっかりケアして洋服を黄ばみから守ろう!

 

洋服が黄ばんでいることでワキガ体質ということはありませんが、常在菌と反応した場合に、ワキガ特有のニオイが生じる場合があります。洋服の黄ばみが気になった時には、ベタつく汗をしっかりケアして脇を清潔に保っておくことがワキガを防ぐために重要です。

 

大切な衣類を黄ばみから守るためにも、しっかりケアしてニオイの原因となる汗や菌の対策をしておきましょう!