ワキガ 口臭

ワキガと口臭の関係は…気になる体臭を一掃する方法!

気になる体臭として多くの方が悩んでいるワキガと口臭。この2つの気になるニオイには何か関係があるのでしょうか…

 

今回はそんなワキガと口臭の関係や気になるニオイを一掃する方法などをご紹介していきます。

 

ワキガに口臭…何とかしたいニオイの悩みを解消できるように、ぜひ参考にして適切なケアに役立ててみてください。

 

ワキガと口臭の気になる関係!

 

ワキガや口臭などのニオイの問題は、かなり多くの方が抱えるカラダの悩みと言えるでしょう。ワキガや口臭など、体臭が気になり始めると、周囲の反応が気になってしまい、日常生活に支障をきたしてしまう方も少なくないのです。

 

ワキガと口臭、両方のニオイが気になる時にはどんな関係があるか、その原因がわかればケアや対策に大いに役立つはずです。まずはワキガについて詳しく見ていきましょう。

 

私たちの身体には汗を分泌する汗腺という穴が無数に存在しています。汗腺にはいくつかの種類がありますが、その中でもワキガの原因になっているのが、「アポクリン腺」と言われる汗腺から分泌される汗です。

 

アポクリン腺は、脇の下・耳の中や後ろ・乳輪・肛門・外陰部など体の一部にのみ存在し、ホルモンの成長とともに働きが活発化していきます。
思春期あたりからニオイが気になり始める方が多いのはそのためです。

 

アポクリン腺から分泌される汗は、水分以外に脂肪・糖質・鉄分・タンパク質・尿素・アンモニア・ピルビン酸・色素リポフスチンなど、さまざまな成分が含まれています。ややベタつきがあり乳白色や黄み・茶色みがかっています。しかしこの汗はこの時点では無臭です。

 

アポクリン腺から分泌された多くの成分を含んだ汗は、皮膚の常在菌のエサとなり、どんどん雑菌が増殖・分解していきます。雑菌の増殖ともに皮膚には排泄物や死がいも増え、それが汗・皮脂・古い角質と混ざり合うことで、ワキガ特有のニオイを発するようになるのです。

 

このアポクリン腺の働きが活発になるのは、「脂質の多い動物性たんぱく質を中心とした食生活」、「緊張やストレスなどの精神的圧迫」がポイントになります。

 

次に口臭がきつくなる原因について見ていきましょう。口臭がきつくなるのは口内が乾燥している時や胃腸機能が低下している時が挙げられます。口内の乾燥や胃腸機能の低下は「緊張やストレスなどの精神的圧迫」によって引き起こされてしまうのです。

 

また口臭は食生活も大きく影響しています。特に脂っこい食事や動物性たんぱく質を多く摂取すると、胃腸で酸化や腐敗しやすくなるため、「脂質の多い動物性たんぱく質を中心とした食生活」が口臭をきつくしてしまうのです。

 

上記のことからもワキガと口臭のニオイには直接的な関係はありませんが、「脂質の多い動物性たんぱく質を中心とした食生活」、「緊張やストレスなどの精神的圧迫」という2つのポイントが、ワキガと口臭をきつくする原因になっているのです。

 

ワキガと口臭を一掃するための対策

 

ワキガと口臭を引き起こす原因がわかったところで、気になるニオイを緩和させるためには原因となっている2つのポイントを改善することが重要になります。

 

まず「脂質の多い動物性たんぱく質を中心とした食生活」を改善するためには、日頃から野菜や魚類を中心とした栄養バランスの整った食事を意識することが大切です。

 

最近は食事も欧米化しており、脂っこくカロリーの高い食べ物を多く摂取するようになっています。それに比べ和食は、野菜や魚類を中心とし、栄養バランスが整った食事と言えます。日々の食事をヘルシーで胃腸にも負担が少ない和食中心にシフトしてみましょう。

 

次に「緊張やストレスなどの精神的圧迫」です。ワキガや口臭を気にするあまり、精神的な緊張状態が続き、更にニオイを悪化させてしまうのです。過度なストレスは自律神経やホルモンのバランスを崩し、さらに悩みを深刻化させてしまいます。

 

体臭の悩みや日々のストレスを溜めすぎないよう、お風呂にゆっくり浸かったり、十分な睡眠をとったりと、リラックスできる時間を心がけましょう。

 

 

ワキガと口臭は正しい対策で気になるニオイを断ち切ろう!

 

ワキガと口臭の原因には、体調や食生活が大きく関係しています。
日々の生活や食事を見直すことで、徐々に体質が改善され、気になるニオイが徐々に軽減していくはずです。

 

気になるニオイの悩みを一掃するためにも、ぜひ食生活に意識を向け、自分の体調やメンタルのバランスを整えるように心がけましょう。