ワキガ 殺菌

ワキガのケアは殺菌が重要!気になるニオイの原因菌と対処法

気になる脇のニオイ…
ワキガの特徴的なニオイは、脇に常在する菌が大きな要因の一つになっています。
そのため、ワキガのニオイを改善ためには、ワキガの原因菌を殺菌することが重要なカギになります。

 

そこで今回は、ワキガのニオイを軽減する効果的な殺菌についてご紹介していきます。

 

ワキガの原因となっている常在菌をしっかり殺菌して、ニオイを元から断ち切りましょう!

 

ワキガの原因…常在菌と殺菌の重要性

 

私たちの皮膚には常在菌が数多く存在しています。「菌」と聞くと良くないイメージを持つ方も少なくありませんが、皮膚の常在菌は肌の状態を健康に保つために重要な働きを持っており、常在菌が全くいなくなってしまうと皮膚の健康を維持することが難しくなります。

 

しかし一方でこの皮膚の常在菌が、ワキガの特徴的なニオイの原因になっているのです。
なぜ皮膚の健康を守るための常在菌が、ワキガの原因になってしまうのかが、ワキガ対策を行う重要なカギになっていきます。

 

ワキガになる原因には「汗」と「常在菌」の2つが大きなポイントになっています。私たちの体の中には汗を分泌する汗腺が無数存在しています。その汗腺の中には脇や耳の裏、外陰部など体の一部にだけ存在する「アポクリン腺」というものがあります。

 

この「アポクリン腺」から分泌される汗には、タンパク質・糖質・アンモニア・尿素・鉄分など数多くの成分が含まれており、脇の常在菌の栄養となってしまうのです。

 

アポクリン腺からの汗の分泌が活発になると、常在菌の働きも活発になり繁殖や分解を繰り返し、ワキガ特有のニオイを発するようになります。
特に脇は、皮膚の密着や脇毛により、常在菌の温床になりやすい状況と言えるでしょう。

 

皮膚の常在菌には様々な種類があり、ワキガ体質の方には独特なニオイを放つコリネバクテリウム属の菌が常在していると考えられます。またワキガ体質の方はアポクリン腺の働きが活発で数が多い傾向にあり、汗と菌の条件が揃った時にワキガとなってしまうのです。

 

以上のことからも、ワキガを改善するためには汗と常在菌の結びつきを切り離すことがポイントになります。必要な対策として、汗の分泌を抑制することと、過剰に増えた常在菌を殺菌し脇の状態を清潔に保つことが重要です

 

ワキガを防ぐ効果的な殺菌法

 

汗の分泌を抑え、常在菌を殺菌するのに一番効果的なのが制汗剤です。
制汗剤には汗の分泌を抑制する「収れん作用」と雑菌の繁殖を抑える「殺菌作用」の2つの効果が期待できます。

 

まずは脇をウェットティッシュやボディーシートなどでキレイに拭いてから制汗剤を使用しましょう。汗やニオイが気になる時には再度脇を拭き、制汗剤を使用しましょう。こまめに脇のケアをすることで、常在菌の繁殖を抑え、気になるニオイを軽減することができます。

 

皮膚の健康を守るための常在菌を殺菌しても大丈夫?と感じる方もいるかとは思いますが、常在菌は殺菌しても数時間後にはまた復活し、繁殖を始めるようになります。こまめに殺菌することで、常在菌の過度な繁殖を抑制し、皮膚を正常な状態に保つことができるのです。

 

制汗剤はスプレータイプ以外にもシート・ロールオン・クリーム・スティックなど、様々なタイプが多数市販されています。形状だけでなく香りでも選ぶことができるので、自分に合った制汗剤を見つけて、日々のこまめなケアを心がけましょう。

 

正しく殺菌してワキガのニオイを元から断ち切る!

 

ワキガの原因となっている「汗」や「常在菌」自体には、それぞれに体を守るための重要な役割があり、私たちの身体になくてはならないものです。
しかしその2つの要因が結びつくことで、新たな悩みを生み出してしまっているのです。

 

「汗」や「菌」が正常な状態で働き、ワキガの悩みを改善するためにも、こまめに原因菌を殺菌し、皮膚の状態を清潔に保っておくことを意識しながらケアしてみましょう!